« 映画「スライヴ」と「美しき緑の星」 | トップページ | 入荷した洋書 「禁断の考古学」 »

2015年6月 5日 (金)

映画「エクソダス」と「十戒」

久しぶりに近所のGEOで映画を借りました
「エクソダス 神と王」です

聖書の「出エジプト記」でのエジプトの奴隷であったイスラエル人を

神に導かれたモーゼが人々を救うお話。

監督は「グラディエーター」のリドリー・スコット!
深夜気合を入れて鑑賞

期待が潜在的に高かったからでしょうか。。
私にはいまひとつの映画でした

あまりにも納得いかず、翌朝本棚にあった

チャールトン・ヘストンの「十戒」を鑑賞。
Cam01138_2

十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]


やっぱりモーゼとはこの映画で描かれているのがモーゼです!

チャールトン・ヘストンの存在感、女優さんたちが綺麗なこと綺麗なこと。

人間にとって大切な 「義」「勇」「仁」「誠」「忠」 がうまく描かれています。

しかし旧約聖書の神は大変厳しいです

「目には目、歯には歯、手には手、足には足」(出エジプト記 21.24)

これが新約聖書のイエスになると

「悪い者に手向かってはいけません。あなたの右の頬を打つような者には、

左の頬も向けなさい。」(マタイ5.39)

幕末、文明開化によって聖書を読む機会が出来、多くの志士がクリスチャンになりましたが

衝撃を受けたのは

このイエスの言葉ではないかと思います

西郷隆盛の有名な「敬天愛人」もそんな気がします。

はなしがかなり脱線しましたが、人間にとって大切なことは仲良くする事、「和」ですね。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


|

« 映画「スライヴ」と「美しき緑の星」 | トップページ | 入荷した洋書 「禁断の考古学」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480261/60264786

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「エクソダス」と「十戒」:

« 映画「スライヴ」と「美しき緑の星」 | トップページ | 入荷した洋書 「禁断の考古学」 »